【ゴルフレッスン】新ゴルフスイング理論 コンバインドプレーン理論その3

筑波大学の博士が考えた新ゴルフスイング理論
コンバインドスイングプレーン理論 その3

開発者プロフィール

安藤 秀
昭和35年10月10日生、昭和59年立教大学卒業、大学時代は野球部に在籍。卒業後、一般企業に入社するが脱サラし 栃木県那須郡のユーアイゴルフクラブに研修生として入社。

平成4年にPGA(日本プロゴルフ協会)に入会、平成12年にA級ティーチングプロとなる。独自のスイング指導理論を確立し、平成14年4月に筑波大学大学院体育研究科に入学、平成19年3月に学位論文「ゴルフスイングの変容に関する技術発達史的研究 -新しいスイング練習法の構築に向けて-」で筑波大学の博士号(体育科学)を取得。現在は「コンバインドプレーン理論」の提唱者としては東京、川崎を中心にスイング指導法セミナーを開催しながらその普及に努める。

【関連動画】
【ゴルフレッスン】新ゴルフスイング理論 コンバインドプレーン理論その1

【ゴルフレッスン】新ゴルフスイング理論 コンバインドプレーン理論その2

【ゴルフレッスン】新ゴルフスイング理論 コンバインドプレーン理論その4

【ゴルフレッスン】新ゴルフスイング理論 コンバインドプレーン理論その5

【ゴルフレッスン】新ゴルフスイング理論 コンバインドプレーン理論その6
https://youtu.be/SyBFNmX-Pyk

関連している動画