ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

まずは動画をしっかりみてください!クラブや腕をビュンビュン振る前に大切なこと。

スイング時の体はどのような動作をすれば、効率的に真っ直ぐ飛ばせるのか?考えなければいけませんね!

これまで日本キャンプで大勢の方をレッスンしてきましたが、地面にボールを叩きつける動作は得意だが、体をターンさせることに慣れていない方が多いようです。

確かに地面にクラブを打ち付けないとボールを捉えることはできませんが、能動的に自らの力で叩きつけるのとは違うんです。クラブの重心を感じて垂直落下させる受動的な動きが必要とされます。

トップから胸の面を開かずに下半身のリードで腰を飛球方向に押し込むと右サイドにクラブを落下できるだけのスペースができる。そこへクラブと腕の重みでクラブの重心を感じて垂直落下させる動作が必要になってくる。

上から重たいボールが落ちてきて、右手のひらをクッションにして沈み込む動作(左足の踏み込み、腰の回転、右膝のキックインを同時に行う)がそれです。右前腕部を回外させてクラブを後ろに倒す動き(手のひらと肘の間におぼんを乗せるような格好)こそ、クラブの重心を感じて垂直落下のイメージなんです。これなら右肩を前に出さずに下半身のリードができるので捻転差が容易に作れ、クラブが後ろから巻きついて下りてくるのが想像できるだろう!

反対にクラブを立てて真下に垂直落下させたとしよう。ちょっとでも回転を加えたらクラブが前に倒れ、右肩が前に突っ込んでこないか?これは軸ブレ、キャスティング(タメがなくヘッドが早く落ちてしまう)の最もたる原因だ!

ここまでの動作は、胸の面が開かずに下半身を押し込んだポジションであり、フェース面が真上を向き、クラブが4時半(真上から見て)から体に巻きついて下りてくるポジションなので、どう考えても右に飛んでいっちゃうと思うはず。初参加の皆さんやこの動画を見ているだけなら、当然そう思うだろう。

でもこれに水平ターンを加えれば、右に飛ばないんです!体幹の回転で分度器のように円軌道に沿って左に振っていくから、インパクト過ぎた後は体の回転とともにフェース面は閉じられていくのが常です。この前話したように、胸の正面にでっかいクラブフェースがあると思い自分自身がしっかり回転すれば、勝手に閉じられます。

さあ、落下の後はこんなイメージをして欲しい!右手のひらにボールを乗せてるイメージだから小指側に手刀を(フェースのリーディングエッジ)を感じるはず。それを低い体勢になって、ボールの右側面を見ながらボールと地面の隙間に向かって滑り込ませてから体をターンさせる。右肘が曲がったままハンドファーストで体の中に入ってきたら両肩でスイングさせるのだ!

受動的なクラブの垂直落下から体の水平ターンに移行できると軌道が安定し、手でクラブを操作するという行為が無くなります。読者の皆さんにはテニスボールスローイングドリルがとても効果的です!

二月に球を打たないでスイングを構築するトレーニングを東京で開催予定です。動ける体を作りましょう!もうすぐ告知します。

関連している動画