新宿少人数グループレッスン初回1レッスン50分3000円(税別)
http://ryunangolf.com/

登録、評価、コメントお願いいたします。^^
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=golfnsp
左手でリードする感じでダウンスイングすると、すぐにコックがほどけてインパクト前に、ヘッドスピードがマックスになってしまうのですが、気を付けるポイントや、ドリルなんかありますか?
タメを作る練習法とは?
こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
本日のご質問はタメについてです。
まず、タメの条件を書くと、
1つバックスイングでできた手首と肘の角度の維持。
2つめに 振りに行った時の右向きの時間です。
一つめの手首と肘の角度についてですが、
手首を折り曲げることをコックといいますが、
この度合いが多かれ少なかれ
振り下ろす時もその角度のままおろしたいです。

スイングは超高速ですから、
手首や肘の動きのように末端部分の繊細なところに
大きな仕事をさせようとしても、無理があります。

どちらかというと、補助的な動きに向いてると思います。

ですから、タメと考えると手首の角度を維持もしくは深く曲げるような形で
スイングするのは無理があるという事です。

ゴルフ始めた当初の私自身もそんな事を考えて手首を
曲げすぎて左手の親指を怪我しました。(笑)

ここで考えなくてはならないのが
なぜタメなくてはならないのか?です。
答え力を蓄えるためです。
ですから、クラブや手首の角度をタメるのではなく、
力をタメなくてはなりません。
そのための2つめの振りに行った時の右向きの時間です。
身体を捻る時というのは上半身が右を向いている事をさします。
ゴルフはここからボールを打ちに行く時に
左に動くというか、左に向きを変えようとします。

その時、左に動いている時間帯の中に
身体が右を向いてる時間があります。

その時間をいかに作ってあげるが重要になります。

そのために一旦クラブを振るという感覚を停止して、
力感を少なくしてスイングしなくてはなりません。

よくあまり力が入っていないのに飛んだというような状態で毎回打たなくては
いけないわけではありませんが、より良いと思います。

そのために右手のみで打つ練習をしてみましょう。
クラブを右手で持って、手首、右肘の角度を保った形を作り、

向きを変えるだけで打つ。

そしてそれができるようになったら、
左に向きを変える過程の中で身体が右を向いている時間を少しでも
増やせるようにイメージで練習していきましょう。

ゴルフはここが一番スイングで難しいのかなと思います。
この感覚が言葉では「身体が開かない」「捻転さ」「切り返しのタイミング」
などなどで表現されていますが、
人によって感じ方、考えていること、振っているイメージ使っているクラブのサイズや重量が異なるので、
なかなか統一のものを導きだすのは難しいですね。^^

上から見て頂けるとゴルフスイングの基本がイメージできると思います。

基本動作

ゴルフスイングの基本 グリップの握り方

【ゴルフレッスン】初心者はまず構えアドレスをマスターすべし

ゴルフスイングの基本 手首の角度

ゴルフスイングの基本 ボールの位置

ゴルフスイングの基本 テークバック

ゴルフスイングの基本 バックスイング

ダウンスイングは右尻を隠すように左回転していく。

ゴルフスイングの基本 手や腕の使い方

ドライバーを曲げずに飛ばすための練習方法とは?

ドライバーとアイアンの単純な違いを理解してナイスショット

初心者は2つの形のアプローチを覚えれば100切りを狙えます。

ゴルフスイングの基本 パターの打ち方
https://www.youtube.com/watch?v=r4OUX9bnuAE 新宿御苑ゴルフスタジオでレッスンしています。
http://ameblo.jp/golfnsp/entry-12256610501.html

関連している動画